意欲がわかないと感じたら読んでほしい、うつは早期対処が必要

サイトメニュー

ネット断食をしよう

診察室

もし自殺を考えたら……

意欲がわかないという状態の時は、いろんな要因がありますがその1つに睡眠不足が挙げられます。今はインターネットが主流になり、スマートフォンが誕生してから更に広がりを見せました。ですから、ネットサーフィンをしたり動画を観たりと夜遅くまでパソコンやスマートフォンを触る時間が増え、就寝時間が遅くなっている方も多いかと思います。そこで、おすすめの方法が「ネット断食」です。ネット断食を行うことで得られる効果は多いですし、ストレスを感じることが少なくなります。まず、ネット断食を行うことで睡眠の質があがります。ブルーライトを浴びる時間が少なくなると自然に睡魔が訪れますし、寝付きも良くなり、ぐっすり眠れるようになります。睡眠不足もうつの要因になりやすいので、ネット断食は効果があると思います。
他にもネット断食をすることで得られるメリットはあります。SNSから離れることで、自分の心の平穏を取り戻すことができます。「返事を返さないと友だち減るかも……」とSNSから離れられないのはストレスを感じやすくなりますし、依存的になってしまいます。ですが、案外離れてみると平気なこともありますし、ネット以外で繋がりを持てる友だちを作ることもおすすめです。それが難しいようなら、1日2時間だけとネットをする時間を決めて習慣付けるようにしてみてはいかがでしょうか。友だちにも前もって「この時間帯なら落ち着いて返事できるから」と話しておくと人間関係も気まずくならずに済むかと思います。

あなたに合った病院は見つかる

意欲がわかない状態が続くとうつ状態になって、悪化すると自殺を考えるようになります。「生きていてもいいことない」「死んだら楽になれるんじゃないか……」そう考えてしまうと負のスパイラルにはまってしまいます。もし、あなたが死について何度も考えるようになれば、うつを疑ってみましょう。自殺者の4割はうつを抱えている人という結果が出ています。もし、家族の中に口々に自殺願望を口にする人がいれば、軽視せずにまずは話を聞いてみましょう。もし、あなたがもし自殺を考えてしまうということであれば、病院受診をしてみましょう。薬で辛さを和らげることができますから、まずは負のスパイラルから抜け出して、自分のために治療を始めましょう。

病院選びのコツを知ろう

うつを治療する際は、病院へ受診をしなければいけませんが、その病院選びのコツを知ることであなたに合った病院を見つけることができます。病院によっては、薬だけだして終わりというところもあります。そういった治療では完治までの道が遠くなってしまいます。ちゃんとあなたを診てあなたに合った診療を行ってくれるところを探しましょう。患者に寄り添って親身に話を聞いてくれるところや、薬だけではなく色々な治療法を提案してくれる医師選びをおすすめします。うつに限らず、薬は風邪薬でもどんなものでも副作用は起こります。頭痛や倦怠感、吐き気などを起こすこともありますから、そういったこともきちんと詳しく説明してくれる医師や、副作用で生まれる不安感に対処してくれる医師が良いかと思います。
うつは急いで治すものでもありません。薬が良い場合もありますし、休養や食事改善が良い場合もあります。あなたに寄り添ってくれる医師を見つけて、あなたが心地良いペースで治療を受けられる姿勢を探していってくださいね。